• Photochemistry, Chemistry, and Metal Complexes Chemistry
  • 東京大学 生産技術研究所 石井和之 研究室 | 機能性錯体化学
研究内容
トピックス
進学希望の方へ
最近のNEWS
2020-10-01
新M1の劉静茹さんが加わりました。
2020-10-01
特任研究員の王博士が北海道大学の特任研究員になりました。
2021-9-17
ソフトクリスタルに関して加藤研究室との共同研究の論文"Meso/Microscopic Single Particle Analyses of Vapochromic Solid-State Crystallization in [Pt(CN)2(H2dcbpy)]" The Journal of Physical Chemistry Cに掲載され、Supplementary Cover Artに採用されました。
2021-09-17~19
助教の村田博士、M2の青木さん、大西くん、劉くんが錯体化学会第71回討論会に参加しました。
2021-09-14
特任研究員の王さんが博士号を取得しました。
2021-08-9~10
第32回配位化合物の光化学討論会に参加しました。
2021-6-8
修了生の横井博士の論文"Photochemistry of phthalocyanine based on spin angular momenta: a kinetic study of fluorescent probes for ascorbic acid"Pure and Applied Chemistryに受理されました。
2021-4-28
特任研究員の王さんの論文"Distorted Porphyrins with High Stability: Synthesis and Characteristic Electronic Properties of Mono‐ and Di‐Nuclear Tricarbonyl Rhenium Tetraazaporphyrin Complexes"Chemistry A European Journalに掲載されました。
2021-04-01
新M1の青野くん、小野くん、小林くん、髙橋くん、馬くん、楊川くんが加わりました。
2021-03-19~22
M1の青木さん、大西くん、劉くんが日本化学会第101春季年会に参加しました。
2021-03-08
M2の内田さんがNPEM研究報告会で優秀発表賞を受賞しました。
2021-03-03
"Vortex-Induced Harmonic Light Scattering of Porphyrin J-Aggregates" The Journal of Physical Chemistry Bに掲載されました。
2020-9-24
助教の村田博士、卒業生の小池くんの論文"Novel method for preparing stable near-infrared absorbers: a new phthalocyanine family based on rhenium(i) complexes" Chemical Communicationsに掲載され、Inside Back Coverに採用されました。
2020-9-23
"Direct Observation of the S0 → T2 Transition in Phosphorescent Platinum(II) Octaethylporphyrin, Evidenced by Magnetic Circular Dichroism" The Journal of Physical Chemistry Lettersに掲載され、Supplementary Coverに採用されました。
2020-04-01
新M1の青木さん、大西くん、高尾くん、劉くんが加わりました。
2020-03-12
リサーチアシスタント(RA)募集 募集を終了しました
2019-12-05
"Photofunctionalization of Phthalocyanines" Chemistry Lettersに掲載され、Cover PictureとBack Cover Pictureに採用されました。
2019-11-20
"Recent advances in studies on the magneto-chiral dichroism of organic compounds"Photochemical & Photobiological Sciencesに掲載され、Front Coverに採用されました。
2019-11-05
卒業生の黒羽さん、南部さん、新村さん、M2の水野くんの論文"Chiral Supramolecular Nanoarchitectures from Macroscopic Mechanical Rotations: Effects on Enantioselective Aggregation Behavior of Phthalocyanines"Angewandte Chemieに掲載されました。