生命のホモキラリティの手掛かり・キラリティに関する研究

生物を構成するアミノ酸は、片方の鏡像異性体のL体のみである(糖はD体のみ)。これを生命のホモキラリティーと呼び、生命の起源に関わる未解決の難問である。

磁気キラルニ色性(MChD)はエナンチオマー間で反転するため、生命のホモキラリティー起源の候補として注目されている。しかし、このMChDは、金属化合物において数例実証されているのみであった。

我々は、芳香族化合物凝集体の電子特性に着目し、ポルフィリンJ会合体(図2)を用いて有機化合物における初めてのMChD観測に成功した。

本研究成果は、生命のホモキラリティーを説明する新しい可能性を示しているだけでなく、光不斉合成法、磁気光学デバイスとしての発展も期待できる。

S. Hattori, Y. Yamamotob, T. Miyatake and K. Ishii
"Magneto-chiral dichroism measurements using a pulsed electromagnet"
Chem. Phys. Lett., 647, 38-41 (2017).

Y. Kitagawa and K. Ishii*
"Magneto-Chiral Dichroism Of Organic Compounds"
Advances in Multi-Photon Processes and Spectroscopy; ed by S. H. Lin, A. A Villaeys, Y. Fujimura, World Scientific Publishing, Singapore, Vol. 22, 195-215 (2014).

S. Hattori, and K. Ishii
"Magneto-Chiral Dichroism of Aromatic π-Conjugated Systems"
Optical Material Express, 4, 11, 2423-2432 (2014).

F. Hamba*, K. Niimura, Y. Kitagawa, and K. Ishii
“Helicity transfer in rotary evaporator flow”
Physics of Fluids, 26, 17101 1-12 (2013).

Y. Kitagawa, J. Hiromoto, and K. Ishii
"Electronic Absorption, MCD, and Luminescence Properties of Porphyrin J-Aggregates"
J. Porphyrins Phthalocyanines, 17, 703-711 (2013).

Y. Kitagawa, T. Miyatake, and K. Ishii
"Magneto-Chiral Dichroism of Artificial Light-Harvesting Antenna"
Chem. Commun., 48, 5091-5093 (2012).
(A Hot Articleに採用。)

石井和之、北川裕一
“有機化合物の磁気キラル二色性”
高分子, 61, 781-782 (2012).

Y. Kitagawa, H. Segawa, and K. Ishii
"Magneto-Chiral Dichroism of Organic Compounds"
Angew. Chem. Int. Ed., 50, 4932-4934 (2011). (Very Important Paperに採用。Cover Pictureに採用。)

N. Kobayashi*, F. Narita, K. Ishii, and A. Muranaka
“Optically Active Oxo(phthalocyaninato)vanadium(IV) with Geometric Asymmetry: Synthesis and Correlation between the Circular Dichroism Sign and Conformation”
Chem. Eur. J., 15, 10173-10181 (2009).

  

テーマ

ページのトップへ戻る