研究内容

有機・無機複合体を光科学・スピン科学の観点から探求し新しい機能を創出する

金属、配位子を選択することで、多彩な電子構造を取り得る錯体化学は、今後の発展が期待される分野ですが、専門的知識を必要とする光科学、スピン科学との境界領域に関しては研究例が少ないのが現状です。

石井研究室では、錯体を含む様々な有機・無機複合体を光科学・スピン科学の観点から探求することで新規分野を開拓するとともに、機能性材料の創出を目標としています。

特に、光機能性錯体、ポルフィリン(Por)、フタロシアニン(Pc)錯体に着目し、以下のような研究を行っております。


テーマ

ページのトップへ戻る